2013年09月10日 追記・変更

ページ送りのタグには投稿と、一覧ページ用の2種類がある

WordPressではページ送りのタグはよく使用するが、混乱しやすいので、もし分からなくなった場合は確認しておいてもらいたい。
パラメータなども忘れてしまいやすいので注意が必要だ。

一覧ページではprevious_posts_link();とnext_posts_link();を使う

previous_posts_link();
next_posts_link();

メインページ、アーカイブやカテゴリーなどの一覧ページで使用する。
例えばWordPressの管理画面で「設定」→「表示設定」にて10ページ表示としている場合、記事一覧ページでは10ページが表示され、
次ページや、前ページのリンクがある。
その場合、次の一覧ページを見るには、「次のページ」や「前のページ」へのリンクをクリックしなければならないが、このタグはそのリンク先などを自動的に出力してくれる。

投稿ではprevious_post_link();とnext_post_link();を使う

各投稿の前後ページに移動するためのリンクを自動的に出力してくれる。

previous_post_link();
next_post_link();

この記事が気に入ったら下のボタンをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • LINEで送る


Leave a Reply