2013年09月10日 追記・変更

演算子(オペレーター)を理解する

PHPでは、他のプログラム開発言語と同様に、簡単な計算から複雑な科学計算まで出来る。
そうした計算の元となるのが「演算子」。
例えば、足し算を表す  や割り算を表す / などデータに対して行う処理を表す記号が演算子と言われる。

WordPressにて、よく利用される演算子としては、比較演算子の == が多い。
カスタマイズをする場合に関してだけならば、全ての演算子を覚える必要はない。そういったものがあったなと分かれば問題ない。

算術演算子

演算子 演算子の意味 使用例 結果($a = 1)
- 負の数にする -$i -1
+ 加算 $i + 1 2
- 減算 $i - 1 0
* 乗算 $i * 1 1
/ 割算 $i / 1 1
% 剰余 $i % 1 0

インクリメント(++)・デクリメント(--)演算子

演算子 演算子の意味 使用例 結果
++ インクリメント a++ a に 1 を加える(後置演算)
++a a に 1 を加える(前置演算)
-- デクリメント a-- --a
a から 1 を引く(後置演算) a から 1 を引く(前置演算)

代入演算子

演算子 演算子の意味 使用例 結果
= 代入する $i = 1 $iは1となる

比較演算子

演算子 演算子の意味 使用例 結果($i = 1)
== 等しい $i == 1 TRUE
=== 等しい $i === 1 TRUE
!= 等しくない $i != 1 FALSE
<> 等しくない $i <> 1 FALSE
!== 等しくない $i !== 1 FALSE
> より多い $i > 1 FALSE
>= 以上 $i >= 1 TRUE
< より少ない $i < 1 FALSE
<= 以下 $i <= 1 TRUE

ビット演算子

演算子 演算子の意味 使用例 結果
& 論理積 $i & $b $iと$b両方にセットされているビット
| 論理和 $i | $b $i又は$bのどちらかにセットされているビット
^ 排他的論理和 $i ^ $b $i又は$bにセットされていて両方にセットされていないビット
~ 否定 $i ~ $b $iにセットされているビットはセットせず、そうでないものは逆にする
<< 左シフト $i << $b $iのビットを左に$bビットシフトする
>> 右シフト $i >> $b $iのビットを右に$bビットシフトする

論理演算子

演算子 演算子の意味 使用例 結果
and 論理積 $a and $b $aと$bともにTRUEの場合にTRUE
or 論理和 $a or $b $a又は$bのどちらかTRUEの場合にTRUE
xor 排他的論理和 $a xor $b $a又は$bどちらかがTRUEでかつ両方ともTRUEでない場合にTRUE
! 否定 !$a $aがTRUEでない場合にTRUE
&& 論理積 $a && $b $aと$bともにTRUEの場合にTRUE
|| 論理和 $a || $b $a又は$bのどちらかTRUEの場合にTRUE

サンプルプログラム

<?php

$para = 3;
$para2 =4;

if($para == 3 and $para2 == 4){

echo "両方正しい";

}
?>

この記事が気に入ったら下のボタンをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • LINEで送る


Leave a Reply