2014年02月28日 追記・変更

if文を覚える

if文は、PHPプログラムの中でも、とてもよく使われるPHP構文。 if文は、いわゆるPHPの制御構造、条件分岐と言い、その条件式がTRUE(当てはまる)の場合にのみ、処理を実行するPHP関数。 なので、その条件式がFALSE(当てはまらない)の場合には、if文の中は無視されて何の処理も行われない。 WordPressをカスタマイズする際、if文はよく使われるので、しっかりマスターしてもらいたい。

if文の構文を覚える(条件が一つの場合)

<?php
if(条件式){
条件式がTRUE(当てはまる)の場合に実行する処理(PHPのコードを書く)
}
?>

サンプルプログラム

<?php
	$para = 3;
	if($para == 3){
	echo "3です。";
	}
?>

if文の構文を覚える(複数条件の場合)

<?php
if(条件式){
条件式がTRUE(当てはまる)の場合に実行する処理(PHPのコードを書く)
}elseif(条件式){
条件式がTRUE(当てはまる)の場合に実行する処理(PHPのコードを書く)
}
?>

if(条件式)に当てはまらない場合は、else if(条件式)を判定しにいく。

サンプルプログラム

<?php
	$para = 3;
	if($para == 3){
	echo "3です。";
	}elseif($para == 4){
	echo "4です。";
	}
?>

また、else if(条件式)は、下記のようにいくつでも追加可能。

<?php
if(条件式){
条件式がTRUE(当てはまる)の場合に実行する処理(PHPのコードを書く)
}elseif(条件式){
条件式がTRUE(当てはまる)の場合に実行する処理(PHPのコードを書く)
}elseif(条件式){
条件式がTRUE(当てはまる)の場合に実行する処理(PHPのコードを書く)
}elseif(条件式){
条件式がTRUE(当てはまる)の場合に実行する処理(PHPのコードを書く)
}
?>

if文の構文を覚える(どの条件にも当てはまらない場合に結果を返すには)

<?php
if(条件式){
条件式がTRUE(当てはまる)の場合に実行する処理(PHPのコードを書く)
}else if(条件式){
条件式がTRUE(当てはまる)の場合に実行する処理(PHPのコードを書く)
}else{
if(条件式)やelse if(条件式)の条件式に当てはまらない場合に実行する処理(PHPのコードを書く)
}
?>

サンプルプログラム

<?php
// パラメータ取得
$para = $_GET['id'];
if($para == 1){
echo "ここは1のテストページです。";
}elseif($para == 2){
echo "ここは2のテストページです。";
}elseif($para == 3){
echo "ここは3のテストページです。";
}else{
echo "それ以外";
}
?>

サンプルプログラム2(論理演算子を利用した複数条件)

<?php
	$para = $_GET['id'];
	$para2 = $_GET['id2'];
	if($para == 3 and $para2 == 4){
	echo "パラメータが両方一致してる";
	}else{
	echo "一致してない";
	}
?>

サンプルプログラム3

<?php
$para = $_GET['id'];
if($para == 1){ ?>
<h1>ここは1のページ</h1>
<?php }elseif($para == 2){ ?>
<h1>ここは2のページ</h1>
<?php }else{ ?>
<h1>それ以外</h1>
<?php } ?>

if文の書き方には2種類ある

if文を書く際、if(条件式){処理}という形で、処理の部分を{と}で括った。 別の書き方も出来る事を知っておいてもらいたい。

サンプルプログラム

<?php
// パラメータ取得
$para = $_GET['id'];
if($para == 1):
echo "ここは1のテストページです。";
elseif($para == 2) :
echo "ここは2のテストページです。";
elseif($para == 3) :
echo "ここは3のテストページです。";
else :
echo "それ以外";
endif;
?>

{}の代わりに、:を使用している。 また、endif;で終了している点に注目してもらいたい。

この記事が気に入ったら下のボタンをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • LINEで送る


One Response so far.

  1. [...] PHPのコードを書く) } ?> 引用元:if文について | はじめてのWordPressまとめ [...]

Leave a Reply